ホーム > IRサイトについて > CMS活用法

CMS活用法

CMSとは

CMSとはコンテンツマネジメントシステム(Contents Management System)のことで、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりすることができるシステムです。

 

CMSを導入するには?

IRサイトにCMSを導入する場合、外注するケースと社内で構築するケースがあります。
外注するケースはさらに2つのパターンに分けることができ、1つは IRサイト専用のCMSを取り扱っているIR支援会社に依頼するパターン、2つ目は開発会社に依頼し、企業独自のCMSをつくるパターンがあります。
前者のメリットは改めて構築する必要がないためコストが安く、安定感があります。後者のメリットは企業独自に開発するため、各社の要望を取り入れやすくなっています。

 

CMS利用のメリット

HTMLなどの専門的な知識がなくても更新が可能です。また、更新内容はテンプレートに沿って行われるため、どなたでも作業することが可能です。
IRは情報の即時性が求められるケースが多いため、外注作業で時間をとられてしまわず、社内で最適なタイミングで更新が可能になります。
結果、社内にHTML制作者やデザイナーがいなくても、社内からの更新が可能になり、かつHP維持費用が抑えることが可能です。

 

関連項目

 

IRサイトについて